子供の歯が生える

子供の歯が生える

 

子供の歯が生える

コンテンツ

1歯が生える

2乳児の歯が生える兆候

歯が生えることに関係のない3つの症状

4歯が生える症状を和らげる

5医師の診察を受けてください

6子供の歯の世話をする

7参考文献

歯が生える

歯が生えることは、子供の正常な発達の不可欠な部分です。

それは、歯茎から抜け出すための乳歯の突き出しによって表されます。

通常、歯が生えるプロセスは、子供の生後6〜9か月の年齢の間に始まります。

歯が生える時期は子供によって異なる場合があり、その年齢の前後に歯が生える段階が始まる可能性があります。

通常、歯が生えるプロセスは、子供が2歳半から3歳に達したときに完了します。

中央切歯として知られている下前歯は、通常最初に現れる歯であることに注意する必要があります。

これに続いて、約4〜8週間後に、中央切歯および側切歯として知られる4本の上顎歯が続きます。

約1か月後、下顎側切歯が現れ始め、次に第一大臼歯が現れます。

大臼歯は食べ物を噛むのを助ける後歯です、

大臼歯の外観は、上顎で成長する犬歯である目の歯の外観に従います。

その後、子供の主歯のうち20本が完成し、生後3年目までに完成します。

歯が生える段階は、一連の症状の出現を伴う可能性があることに注意する価値があります。

幸いなことに、これらの症状は通常、自宅の両親からのアドバイスや指示に従うことでコントロールできます。

歯が生える兆候

乳児では、歯が生える段階は子供の人生の重要な段階です。

それは多くの症状や徴候を伴う可能性があります、

しかし、いくつかのケースでは、歯が生える段階が子供に目立った症状を伴わない可能性があります。

以下は、この段階で子供に現れる可能性のある最も重要な症状と徴候です。

最初:過度のよだれ

第二に:歯茎の痛みと発赤

第三に:子供の泣き声と感情

4番目:睡眠障害

第五:子供の食べ物の拒否

6番目:頬をこすり、耳を引っ張る

7番目:子供の高温

歯が生えることとは関係のない症状

子供の歯が生える症状や兆候について話す文脈では、いくつかの症状は歯が生えることに関連していると考えられている可能性があることに注意する必要があります。

実際、それは歯が生えることとは何の関係もありません、そしてこれらの症状の中で:

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 鼻水
  • 子供の体に発疹が現れる
  • 高熱。

歯が生える症状を和らげる

歯が生えることや他の症状に関連する痛みを和らげるために使用できるいくつかのオプションがあります、

しかし、子供にとって効果的な選択が他の子供にとって効果的である必要はないことは注目に値します。

子供たちは利用可能なオプションに応じて変化するので、

歯が生える症状を和らげるために使用できるヒントとオプションには、次のものがあります。

1-適切で清潔なティーザーを使用します。

そして、柔軟な素材で作られていて、その破損と子供の口への液体の侵入を防ぐために液体を含まないティーザーを選択する価値があります、

ティーザーが作られている素材の性質に注意を払う価値があります。ティーザーの名前で販売されているものすべてが安全であるとは限りません。

2-きれいな指またはガーゼを使用して赤ちゃんの歯茎をマッサージする

圧力をかけると、痛みを和らげることができます。

冷水は痛みを和らげるため、冷水湿布を子供の歯茎に適用することもできます。

おしゃぶりを冷蔵庫やおしゃぶりに入れて凍らせないように注意することで、このアイデアを活用できます。

3-子供が適切である場合、子供に固形食品を提供する、

たとえば、にんじんや皮をむいて冷やしたきゅうりは、子供が食べることができれば、子供に提供することができます。

4-何らかの形で皮膚の炎症や損傷を防ぐために、歯が生える段階で子供の口から流れる唾液を乾かすために、必ず清潔なティッシュを使用してください。

5-鎮痛剤の使用

前述のオプションが子供の歯が生える症状を和らげることができない場合、鎮痛剤を使用することができます

特に子供に鎮痛剤を投与するのが初めての場合は、医師に相談するように注意してください。

適切な用量を決定するために、

パラセタモールは、一般的に、生後3か月を過ぎた子供に与えることができることは注目に値します。

イブプロフェンは生後6ヶ月に達した人に与えられますが、

空腹時にこの薬を子供に与えないように注意して、

アスピリンの使用は、ライ症候群として知られる非常に深刻な症候群の発症に関連しているため、アスピリンを使用すべきではないことは注目に値します。

医薬品について話す文脈では、食品医薬品局が次のことに対して警告していることに注意する価値があります。

2歳未満の人のためのベンゾカインを含む局所または経口鎮痛薬の使用、

また、この年齢でリドカインを使用することは禁じられています。

歯が生えるときに医師の診察を受けてください

歯が生えることは子供の発達の一部と考えられていますが、それは通常心配の原因ではありません、

ただし、次のような場合には、医師の診察が必要な場合があります。

  • 子供が生後3か月未満の場合、子供の体温は38°Cに上昇します。
  • 子供の体温が38.8°Cに上昇した場合、子供が生後3か月を超えている場合。
  • 子供の厳しい体温は24時間以上上昇し続けます。

次のような兆候:

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 発疹は高温に関連しています。
  • 子供はとても眠くなります。
  • 子供を慰めることができない。
  • 2週間以上の子供の食欲不振。

赤ちゃんの歯の世話をする

歯が生える前から、子供の口や歯茎の掃除を始める必要があります。

これは、虫歯など、歯茎や歯に影響を与える可能性のある問題を回避するためです。

虫歯は赤ちゃんの乳歯が通常より早く抜ける可能性を高めるので、

そして、永久歯が突き出る準備ができる前に、

この秋は、この秋によって引き起こされたギャップを埋めようとする残りの乳歯の収集につながる可能性があります。

そして永久歯は正しい場所と形にありません、

以下では、子供の口の健康を維持するために従うことができるいくつかのヒントと指示に言及します。

1-最初の歯が始まる前に、適切なうがい薬を使用して子供の歯茎を毎日滅菌します。

2-歯を保護し、腐敗から保護するために重要なフッ化物サプリメントを使用する子供の必要性について医師に相談し、

年齢や水のフッ化物含有量によっては、子供はこれらのサプリメントをまったく必要としない場合があります。

3-虫歯の役割を果たすので、高糖を含む食べ物や飲み物は避けてください。

4-歯とその成長をフォローアップするために、定期的に歯科医を訪問するようにしてください。

歯科医への最初の訪問は子供の1年目であり、3年目までであることに注意する必要があります。

重要なお知らせ:

提出された記事の内容は、すべてのテキスト、グラフィック、画像、およびその他の資料を含め、教育目的でのみ提供されています。

提供される情報は、専門的な医療アドバイスや専門的な診断に代わるものではありません。

さらに、このウェブサイト上の情報は、いかなる場合または個々の状況に関する最終的な医学的アドバイスとして解釈されるべきではありません。

病状、一般的な健康状態、または子供の健康に関して質問がある場合は、必ず医師またはその他の資格のある医療提供者に助言を求めることを強くお勧めします。

参考文献

https://www.babycenter.com/

  • 今日何か役に立つことを学んだら 、ソーシャルメディアで記事を共有してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です