赤ちゃんの発疹

赤ちゃんの発疹

 

赤ちゃんの発疹

コンテンツ

1発疹

2子供の発疹の原因

2.1あせも

2.2おむつかぶれ

2.3蕁麻疹

2.4乾癬

3参考文献

皮膚の発疹。

それは皮膚の領域での腫れと炎症の発生であり、それは以下を引き起こします:

  • 発赤
  • 痛み
  • 厄介なかゆみ
  • 時々それはにきびやしみを引き起こします

皮膚は、体とそれを取り巻く外部環境との間の自然な障壁です。

したがって、外部刺激因子がある場合、それはいくつかの変化を受ける可能性があり、これらの変化の中には発疹があります

これは病気の単純な問題または症状であり、したがって、発疹はアレルゲンまたは刺激物への曝露に起因すると言えます。

または健康上の問題の兆候として、そして遺伝的要因が発疹を発症する可能性を高める可能性があります、

したがって、皮膚の発疹の出現につながった原因は、それを治療し始める前に特定する必要があります。

子供の発疹の原因

子供の発疹は、高温や発汗などの単純な要因によって引き起こされる可能性があります。

また、ウイルス感染、アレルギー反応、または特定の健康問題によって引き起こされる可能性があります。

一般的に、発疹のほとんどの症例は簡単に治療され、すぐに消えることがあります。

以下では、子供の発疹の出現につながる可能性のある最も重要な理由について説明します。

最初のあせも

あせもやあせもは、汗腺につながる毛穴を詰まらせる高温と発汗によって引き起こされます。

これは水ぶくれやピンクまたは赤の隆起を引き起こし、この発疹はすべての年齢層で発生する可能性があります。

しかし、それは非常に幼い子供たち、特に高温多湿の天候でより一般的です。

それは皮膚のひだの領域に現れます; 首、脇の下、太もも、ひじなど、

体の他の部位にも現れることがあります。

赤ちゃんのあせもを和らげるために、子供のために通常の温度を維持することをお勧めします

そして、次のような彼の体温を上げる要因を避けてください。

  • 彼の肌を乾いた状態に保つ適切な服を着てください。
  • 暑い時期のファンとエアコンの使用。
  • 発汗、唾液、尿にさらされる部分を頻繁に洗い、軽くたたいて乾かします。
  • 患部を衣服なしで保ち、軟膏を塗らずに空気にさらします

2番目のおむつかぶれ

おむつかぶれは、次のようないくつかの要因の結果として発生する真っ赤な発疹です。

※カビやバクテリアの繁殖に適したおむつかぶれエリアの水分、

赤ちゃんに下痢があると、おむつかぶれのリスクが高まります。

そのため、おむつに直接触れる部分が最も影響を受けます。

※おむつやきつい服を着ていると、肌に密着し、炎症を起こします。

*一部の製品の特定のタイプの使用。布おむつ、またはベビーオイルを洗うために使用されるおしりふき、おむつ、または布製フレッシュナーのように。

*カンジダに感染すると、しわや小さな赤い斑点の形で発疹が現れます

それは限られた地域で始まり、その後広がり、周辺地域に影響を及ぼします。お尻、性器、太ももなど

*細菌感染がある。

*母乳育児をしている子供または母親のための抗生物質の使用。これは善玉菌と悪玉菌の両方を殺します。

したがって、真菌の成長を制御する細菌を排除し、

また、抗生物質は、その使用の副作用として下痢を引き起こし、おむつかぶれを引き起こすことがあります。

*母乳で育てられている子供は、母親が食べた特定の食べ物に反応しておむつかぶれを発症する可能性があります。

*固形食を与えられた乳児では、おむつかぶれのリスクも高まります。

子供たちが固形食品を食べ始めると、便の性質と便の回数が変化します。

一般的に、母乳育児に依存している子供は、粉ミルクに依存している子供と比較して、おむつかぶれが少なくなります。

これは、皮膚を刺激する可能性のある製造された物質や酵素に含まれる糞便の含有量が少ないためです。

アトピー性皮膚炎や湿疹などの皮膚疾患のある子供は、他の子供よりもおむつかぶれを発症する可能性が高くなります。

第三蕁麻疹

 じんましん、またはじんましんは、子供たちによく見られる発疹ですが、伝染性ではありません。

これは、特定のトリガーやアレルゲンへの曝露に起因する反応として発生します。好き:

  • いくつかの種類の食品:カキ、卵、イチゴ、トマト、牛乳、香辛料、食用色素、防腐剤、ナッツ、植物など。
  • ペニシリンなどのいくつかの薬。
  • 熱。
  • エクササイズ。
  • ラテックスなどの一部の材料との直接接触。
  • ミツバチやハチなどの虫刺されへの曝露。

これらの要因は、体内のヒスタミンといくつかの化学伝達物質のレベルの増加を引き起こす可能性があります。

これは、皮膚の表面にわずかに隆起した斑点の出現につながる可能性があります、

これらの斑点は、色が小さく、丸く、透明で、白、ピンク、または赤で、かゆみがあり、一緒になって大きな斑点を形成する可能性があります。

実際、その重症度はアレルギー反応の程度に依存します。

それは体の1つの領域に限定的な効果があるかもしれません、またはそれは体のいくつかの領域に影響を与えるために広がるかもしれません。

じんましんはしばしば軽度であり、アレルゲンを避けることによって制御することができます

これには、防虫剤や無香料の石鹸の使用が含まれる場合があります。

子供はかゆみを和らげるために抗ヒスタミン薬が必要な場合があります。

蕁麻疹は、現れるまでに数日から数週間かかることが多く、数時間から1日続き、消えても傷跡を残しません。

第4乾癬

乾癬は一般的な非感染性皮膚疾患です。

そしてそれらの発生は免疫系の活動の増加によるものであり、それは皮膚の層を通常よりも速い速度で発達させます、

これらの皮膚の層が適切に脱落しないときです

皮膚の表面に蓄積することにつながる、

そして、この場合に形成される皮膚プラークは、赤から銀までの範囲の色で厚く、

この層は白から銀色の厚い鱗で覆われていて、厚く、ほとんどの場合かゆみを伴うことは注目に値します。

これに関連して、乾癬に関連する発疹が体のどこにでも現れる可能性があることが示されています。

ただし、首、胴体、頭皮、ひじに最もよく見られます。

重要なお知らせ:

提出された記事の内容は、すべてのテキスト、グラフィック、画像、およびその他の資料を含め、教育目的でのみ提供されています。

提供される情報は、専門的な医療アドバイスや専門的な診断に代わるものではありません。

さらに、このウェブサイト上の情報は、いかなる場合または個々の状況に関する最終的な医学的アドバイスとして解釈されるべきではありません。

病状、一般的な健康状態、または子供の健康に関して質問がある場合は、必ず医師またはその他の資格のある医療提供者に助言を求めることを強くお勧めします。

参考文献

https://mawdoo3.com/

一般の人々に提供された記事、ソーシャルメディアコンテンツ、グラフィック、およびリソースを共有してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です