赤ちゃんの発疹3

赤ちゃんの発疹3

 

赤ちゃんの発疹

コンテンツ

1発疹

2子供の発疹の原因

3ウイルス感染

4突発性発疹幼児

5伝染性紅斑

6はしか

7風疹

8参考文献

皮膚の発疹。

赤ちゃんの発疹

発疹は、これらの症状の1つを引き起こす皮膚の領域の腫れと炎症です:

  • 厄介なかゆみ
  • 発赤
  • 痛み
  • 時々それはにきびやしみを引き起こします

皮膚は、体とその周囲の外部環境との間の自然な障壁です。

皮膚を刺激する外的要因がある場合、それはいくつかの変化を受けるかもしれません、そしてこれらの変化の中に発疹があります、

 発疹はアレルゲンや刺激物への曝露によって引き起こされると言えますが、

または、発疹は健康上の問題の兆候である可能性があります、

また、遺伝的要因により、一部の子供に発疹が発生する可能性が高くなります。

発疹の治療を始める前に、発疹の原因を特定することが重要です。

子供の発疹の原因

高温や発汗など、子供の発疹にはいくつかの原因と要因があります。

または、ウイルス感染、アレルギー反応、または特定の健康問題などの他の状態によって引き起こされる可能性があります。

一般的に、発疹のほとんどの症例は簡単に治療でき、すぐに消えることがあります。

以下は、子供の発疹の出現につながる可能性のある最も重要な理由の説明です。

ウイルス感染

ウイルス感染は幼児に発疹を引き起こす可能性があります。

この発疹は通常無害であり、特別な治療を必要とせずに自然に消えます。

これに関連して、ヘルパンギーナや手足口病を引き起こすコクサッキーウイルスなどのエンテロウイルスは、子供の発熱や発疹の最も一般的な原因の1つであることが示されています。

はしか、風疹、水痘による発疹は、子供たちがこれらの病気を予防するワクチンを接種しているため、あまり一般的ではなくなっていることは注目に値します。

以下は、子供の発疹を伴うウイルス感染の最も顕著な形態の声明です:

最初の突発性発疹の乳児:

これは、生後6か月から2歳までの幼児に発症する伝染性のウイルス性疾患です。

4歳以降の子供にはまれであり、次のようないくつかの症状を引き起こします。

  • 突然の高熱。2、3日続くことがよくあります
  • ピンクの発疹の出現。腕、首、体幹に最も頻繁に広がり、1〜2日続きます。

2番目の伝染性紅斑

頬のたるみ症候群と呼ばれ、伝染性紅斑とも呼ばれます。

はしか、おたふく風邪、風疹、天然痘などの小児感染症のグループの1つであり、

一般に、感染性紅斑は、パルボウイルスB19として知られるウイルス感染によって引き起こされます。

これは、くしゃみをしたり咳をしたりする感染者にさらされることで広がり、輸血や妊娠中の母親から胎児に感染することもあります。

感染性紅斑は幼児の一般的な感染症です。その症状は、ウイルスと接触してから約1週間後に現れ始めるように、軽度のインフルエンザの症状の出現によって表されます。

それは1週間続く可能性があり、数日後、感染の兆候が現れます。

これは顔に真っ赤な発疹が現れることで表されます。そのため、この病気は頬のきしみと呼ばれます。

1日か2日後、脚と腕に薄い発疹が見られることがあります。

発疹がかゆみ、7日以内に消えることがありますが、再び現れることがあります。

感染性紅斑の症状は、これらの症状だけに限定されません。むしろ、病気は他の症状を伴う可能性があります。喉の痛みと腺の腫れ。

第三のはしか

はしかウイルス(モルビリウイルス)の感染によって引き起こされるウイルス性疾患であり、

それは非常に伝染性であり、子供と大人に発疹を引き起こします。

そして、平らなピンクまたは赤の斑点または病変の形で、それらのいくつかは皮膚の表面からわずかに隆起しています、

これらの斑点と病変は、発疹が広がるにつれて互いに付着する可能性があります。

はしかの発疹は、頭と首の上部から始まり、その後、体の残りの部分に広がります。

そして、それは4〜7日間続き、はしかの発疹が現れる前に約3〜4日、コプリック斑として知られている口の頬の内側に直径1〜2mmの小さな青い斑点が現れることがあります。

これらの小さな斑点は通常、はしかの発疹が現れた後に消えるので、見過ごされる可能性があります。

発疹は、発熱、痛み、一般的な風邪と同様の症状などの症状を伴う場合があります。

これは、脱水症状を避けるために頻繁に水を飲む必要性に重点を置いて、パラセタモールとイブプロフェンを使用することで制御できます。

通常、はしかのある人は、他の健康上の問題を引き起こすことなく、7日から10日以内にはしかから回復します。

しかし、子供にはしかがあると思われる場合は、医師の診察を受ける必要があります

これは、感染が他の人に広がるリスクを減らすための適切な対策を講じることです。

フォースルベラ

症状を引き起こす; 好き:

  • 頭痛
  • 関節痛
  • 鼻水

首や顔の部分に影響を及ぼし、その後体の残りの部分に広がる発疹、

発疹は通常、患者が気分が悪くなってから2日以内に始まります。

そしてそれは3-5日間続き、発疹はピンク色で、斑点は平らで非常に小さいです、

はしかの場合に現れる発疹に似ていますが、あまり広がらず、より早く消えます。

風疹の潜伏期間は14〜21日です。これは、ウイルスにさらされてから病気の症状が現れるまでの時間間隔です。

そして、感染者は発疹が現れる前の1週間から発症後4日までの期間に伝染します、

子供が以前に風疹ワクチンで免疫されていなかった場合、風疹感染が発生することは注目に値します。

そして、この状態の人のくしゃみや咳のスプレーにさらされることで感染が広がります。

風疹は通常、伝染性が低く軽度であり、その症状は治療を必要としません。

状態が中耳の感染症を引き起こす場合を除いて、抗生物質が処方されることがあります。

また、軽度すぎて検出できない場合も多くあります。それは無症候性感染症と呼ばれます。

風疹は流産や死亡した胎児の誕生につながる可能性があるため、妊婦とその胎児にとって危険な病気であることは注目に値します。

または妊娠中の感染の場合の胎児への永久的な損傷。

重要なお知らせ:

提出された記事の内容は、すべてのテキスト、グラフィック、画像、およびその他の資料を含め、教育目的でのみ提供されています。

提供される情報は、専門的な医療アドバイスや専門的な診断に代わるものではありません。

さらに、このウェブサイト上の情報は、いかなる場合または個々の状況に関する最終的な医学的アドバイスとして解釈されるべきではありません。

病状、一般的な健康状態、または子供の健康に関して質問がある場合は、必ず医師またはその他の資格のある医療提供者に助言を求めることを強くお勧めします。

参考文献

https://mawdoo3.com/

  •  助けてくれる人と記事を共有してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です