子供の風邪の治療

子供の風邪の治療

コンテンツ

1子供の風邪の概要

2子供の風邪の治療

3子供の風邪の症状を軽減する

3.1薬用オプション

3.1.1鎮痛剤と解熱剤

3.1.2充血除去剤

3.1.3咳止め薬

3.1.4抗ヒスタミン薬

4参考文献

子供の風邪の概要

一般的な風邪は、呼吸器系の上部に影響を与える一般的なウイルス感染症です。

年齢層の異なる人は風邪をひきやすいですが、

ただし、子供や幼児はより頻繁に風邪をひきます。

そして、彼らの風邪の症状は通常、成人よりも長期間続きます。

特に、子供たちは秋と冬の季節、そして学校の日中に風邪をひく可能性が高くなります。

おもちゃを持った子供たちの間で摩擦やコミュニケーションが多く、仲間と直接接触している場合、

風邪の症状は、主に鼻水や鼻水です。

風邪には、次のような他の症状が伴うこともあります。

  • 場合によっては喉の痛み
  • 少し熱があります。

子供の風邪の治療

実際、風邪の治療法はありません。

子供の体は感染期間中に免疫を構築し、それによって自分自身を保護し、感染に抵抗することができます。

したがって、ケアとケアを提供することは、風邪をひいた子供に提供できる最良の治療法の1つです。

風邪の症状は、感染から約2週間後に完全に消えることがあります。

風邪をひいた人に提供できる治療法、

老いも若きも、目的の薬や治療に限定されています

感染期間中の不快な症状を緩和することで、

上記に加えて、使用を避ける必要があることに注意する価値があります

風邪の場合の抗生物質の

前述のように、一般的な風邪はウイルス感染症です。

抗生物質は、細菌感染症の治療にのみ使用される薬ですが、

したがって、それは風邪の感染症の治療には役に立たない、

さらに、抗生物質の頻繁な使用は増加につながります

抗生物質の有効性に抵抗する細菌感染症を子供が将来持つ可能性。

子供の風邪の症状を軽減する

1-薬用オプション

風邪の症状を和らげるのに役立つ薬は、これらの種類の薬の1つを個別に含む医薬品の形で入手できます。

または、それらの複数のタイプを一緒に含む単一の医薬品の形で、

一部の親は、子供の不快感を軽減し、気分を良くするためにこれらの薬に頼っています。

しかし、これらの薬の使用に関していくつかの警告があります、

場合によっては、風邪の症状を和らげるために子供に薬を与えることは不適切かもしれません。

特に子供の年齢に関連して、

これらの薬の最も顕著な種類、およびこれらの薬を使用できる年齢に関する医学的推奨事項は、次のように述べることができます。

最初:鎮痛剤と解熱剤

痛みを和らげ、子供の不快感を和らげるのに役立つ薬を投与することができます。

子供の風邪に伴う可能性のあるわずかな温度を下げることに加えて、

3ヶ月以上の子供に与えることができるパラセタモールなど。

またはイブプロフェン; 6ヶ月以上の子供に与えることができるもの、

アスピリンについては、ライ症候群と呼ばれる危険な症候群の発生を恐れて、18歳未満の方への投与は禁止されています。

子供が風邪の間に苦しむ軽度の熱に注意する必要があります、

これは、体が感染と戦うために取る方法の1つです。

したがって、解熱剤の使用が適切でない場合があります。

子供が風邪を引いた場合に備えて、薬を使い始める前にまず小児科医に相談することの重要性がここにあります。

特に影響を受けた子供が2歳を超えない場合、

使用できる治療の種類、および子供に適切な投与量については、医師の指示に従うことが重要です。

2番目:充血除去剤

充血除去剤は、子供のうっ血を和らげる効果が限られています。

これは通常風邪に伴う症状の1つとして現れますが、

また、6歳未満の子供はこれらの薬の副作用に苦しむ可能性が高くなります。

したがって、食品医薬品局は、専門家からの処方箋なしで6歳未満の子供にこれらの薬を提供することに対して警告しています。

6歳以上の方への贈与は認められていますが。

第三に:咳止め薬

咳は、体が気道をきれいにし、場合によっては気道に溜まる可能性のある痰を取り除くのに役立ちます。

咳止め薬の例は次のとおりです。

喀痰の排出を助ける去痰薬、

咳抑制剤、咳を抑制する薬を意味し、

咳止め薬を使用する前に医師に相談することが重要であることに注意する必要があります。

適切な種類の咳止め薬を選択するために、医師が咳の性質を評価し、子供が苦しんでいる病気の性質を確認する必要がある場合、

さらに、食品医薬品局は、専門家からの処方箋なしで6歳未満の子供に咳止め薬を使用することに対しても警告していると言わなければなりません。

4番目:抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬はアレルギー症状を和らげるために使用されます。

また、一般的な風邪に関連する一般的な症状のいくつかを緩和するために使用することもできます。

しかし、咳止め薬と充血除去薬の使用の場合と同様に、食品医薬品局は、6歳未満の子供には効果が限られているため、専門家からの処方箋なしで6歳未満の風邪の子供にそれを提供することに対して警告しています。年をとると、その副作用に苦しむ可能性が高くなります。

重要なお知らせ:

提出された記事の内容は、すべてのテキスト、グラフィック、画像、およびその他の資料を含め、教育目的でのみ提供されています。

提供される情報は、専門的な医療アドバイスや専門的な診断に代わるものではありません。

さらに、このウェブサイト上の情報は、いかなる場合または個々の状況に関する最終的な医学的アドバイスとして解釈されるべきではありません。

病状、一般的な健康状態、または子供の健康に関して質問がある場合は、必ず医師またはその他の資格のある医療提供者に助言を求めることを強くお勧めします。

参考文献

https://mawdoo3.com/

今日何か役に立つことを学んだら  、ソーシャルメディアで記事を共有してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です